TOP > ショップブログ > タワーレコード 札幌ピヴォ店

SOULWAX

どうも、こんにちは。
音楽が好きで数を聴いていたら、それなりに良い音楽には出会えますが「コレだ!!」っていう物にはめったに出会えません。その「コレだ!!」と私が思った物の中から1枚を紹介したいと思います。このCDを聴いてテンションが上がらない人はいない!と言っても過言ではありません。ノンストップで最後まで盛り上がるのでホームパーティーなどに最適!私はSOULWAXに影響されてカウベルを買いました。(聴けば解る!)本当にハイになる1枚なので気をつけろ!!!(私はこのCDで去年のクリスマスにハイになりすぎて気づけばロブスターが頭に乗っていました。)(柳本)


602517040359.jpg

癒しと狂気が同居する世界

US産3ピースバンドの3rd。2004年9月に発売された本作はビルボード・チャート初登場8位を記録。重低音でありながらどこか閉鎖的な静けさのあるサウンドと宗教的であり聴く者の深層心理に語りかけてくるような歌詞が魅力です。
アメコミ映画「パニッシャー」のサントラに④が使われた事でも話題になりました。
トゥールやデフトーンズ好きにもウケるまさに隠れた名盤!!(松本)


4547366018684.jpg

今年の秋冬のマスト決定。

これが1枚目の新人バンドですが、元々CALL&RESPONCEという知る人ぞ知る伝説の(?)バンドのフロントマン、SIMONE RUBIのNEWプロジェクト。だけあって、音も豊かに成熟されているんです。80’Sを思わせるレトロなサウンドは時にアコースティックで、時にエレクトロでと(ニューウェーヴ感たっぷりのシンセが最高!) 新旧を問わずポップスファンなら必ず気に入っていただけるハズ!哀愁を帯びたSIMONEのヴォーカルもベストマッチでこれからの寒い季節にぴったりのサウンドトラックにもなり得る名盤です。今年後半の担当のイチ押し、ぜひお試しあれですよ。ちなみにコーラスでは今が旬のFEISTも参加。SIMONEはFEISTのCDジャケットのデザイナーも担当したり、ファッションモデル業もこなす美人さんです。蛇足情報でした。(田島 薫)


4526180012191.jpg

J-LO新作!!

出ました!!2年半ぶりの英語詞によるニュー・アルバム!!
絶好調のリード・シングル”Do It Well”は既にラジオ等でヘヴィ・プレイ中ですが、これに負けず劣らずのアッパー・チューン満載で、全て聴き終えるときには汗だくかも!?
制作陣には、ショーン・キングストン”Beautiful Girl”で一躍有名になったジョナサン”JR”ロテムや、ヒット・ボーイ、ダーティ・スウィフト&ブルース・ウェインなどなど、新鋭プロデューサーを迎え、”攻め”の姿勢がビシビシ感じられます。
自身のルーツであるラテンの風味をちょっぴり効かせつつ、これぞダンス・ミュージック!なナンバー目白押し!後半に収録されているバラードがクドくなりがちな所に良いアクセントになっています。21世紀を代表するポップ・アイコンの一人=J−LOの今を聴け!!


4547366034073.jpg

FC FIVE

茨城のハードコアヒーロー、FC FIVEの1stアルバム!!BANEやCOME BACK KIDとヨーロッパツアーをしてみたり、アジア各国までライブしに行ってたり、ワールド・ワイドな活躍を続けている、彼等の歴史はここから始まったんです!(マツキ サオリ)


4524772000380.jpg

THEE HEADCOATEES

ビリーチャイルディッシュプロデュースの女の子4人組バンド。ビートルズの「I wanna hold you a hand」を歌詞を変えるてみてカバーしたりと面白い。ラモーンズ、アンダートンズなどのカバーもあり、彼女たちのパンク魂を見せつけられる。生意気なボーカルに続々、ジャキジャキのギターにハラハラ、狂ったブルースハープにワクワク・・・こんな女と付き合いたい!!(志摩 亮太)


790276046320.jpg

英米の大物達が大量参加!!ファッツ・ドミノへの史上空前のトリビュート・アルバム!!!

50~60年代に六君・ロール、R&Bの世界で一大旋風を巻き起こしたピアニスト&ヴォーカリスト、ファッツ・ドミノへのトリビュートアルバムがついに完成!!まずは黙って以下の顔ぶれを見てください!!ジョン・レノンの名作「ロックンロール」からのあの名曲から始まり、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、ロバート・プラント、ニールヤング、B.Bキング、ノラ・ジョーンズ、ジョス・ストーン、コリーヌ・ベイリー・レイ、レニー・クラヴィッツ、ベン・ハーパー、Dr.ジョン・アラン・トゥーサンなどなど!まさにジャンルを問わない豪華な顔ぶれ!!しかもそのほとんどが新録ときてますっ!ファッツへのリスペクトが、いっぱい詰まっている超絶必聴盤ですよ!!!(吉田(史))

これを聴かずしてこの世を去れないっ!!美麗に彩られた万華鏡のごとき2枚組!!!

3枚のオリジナル・アルバムを残し、ドラッグの過剰摂取の為、35才の若さでこの世を去った伝説の女性シンガー・ソング・ライター、ジュディ・シル。彼女の1st、2ndアルバムに21曲(!)の未発表音源、デモ・ライヴをボーナス・トラックとして付けた驚愕の2枚組。
1971年、キャロル・キングの「つづれおり」とジョニ・ミッチェルの「ブルー」の影に隠れ、ひっっそりとこの世に生まれた奇跡の1枚は彼女の描く神秘的な散文詩と美しすぎるほどのアコギとピアノの旋律・・・。そしてカレン・カーペンターを思わせる、優しく語りかけてくるような歌声・・・。まさにすべてが三位一体となした音楽という名の華麗な魔法・・・。
聴いた人の数だけ物語が生まれ、またこれからも生まれ続けるであろう永遠の2枚組です。(吉田(史))


4943674068531.jpg

そのお面、侮るべからず

あなたはまだ春浅い5月のピヴォのありとあらゆる所がとある”お面”に占領されたのを覚えてはいないだろうか?あるショップのマネキンの顔が、タワレコJ-POPフロア一面のカベが、そしてまさかのトイレットペーパーにまで・・・。そのお面、今や飛ぶ鳥、そのまんま食べちゃう位のイキオイ(笑)なビークルンことBEAT CRUSADERSなるBANDなのはご存知か?このお面という怪しさ全開のアイコンとはウラハラに、一度耳にするだけでメロディラインにどことなく世間をナナメ45度あたりから見ている様なアイロニーかつsweetな詞。聴くたびに細かくちりばめられた彼等のあそびゴコロ満載のリスペクトされたバンド達のフレーズの発見と驚愕かげんが実にうっまーい感じでまとまってるんDeath。っちうワケなんで、一度ダマサレタ〜と思って聴いてみて下さひ。思わずニヤリ☆となる1枚Death。(ヤマギワチエコ)


4562104043971_80.jpg

静けさの中にも激情が迸り、轟音の中にCHAOSが見える・・・。

まるで楽器が雄叫びを上げているかの様な迫力。そして、まばたきの音すら聞こえてきそうな一瞬の美しき沈黙そして静寂。この「静」と「動」とのバランスのあやうさにふと目眩にも似たモノを覚える。静寂にひそむ圧倒的かつ攻撃的な音のコントラスト。刹那であり、またカオスが入り混じる様なこの音は聴く者に全くもって容赦ない。だがしかし間違いなく、アジテートされている。こんな両極が交わる瞬間の音を目の前にして僕はただ、ただ立ちつくすしか術を知らない・・・・・。(ヤマギワチエコ)


4997184879262_80.jpg

...102030...7273747576...80...